同志社校友会会則

改正 1957年11月23日 1962年5月20日 1963年4月 1日 1965年5月30日 1970年5月23日 1971年5月23日
1974年6月 9日 1975年5月25日 1979年6月17日 1980年6月15日 1981年6月20日 1994年6月11日 2012年6月16日 2013年6月15日 2014年 6月 21日

第1章 総則

第1条 本会は、同志社校友会と称する。

第2条 本会は会員相互の親睦を深めるとともに、同志社の発展に寄与することを目的とする。

第3条 本会は、事務所を京都市上京区寺町通丸太町上る新島会館内に置く。

第4条 本会は、その目的を達成するため次の事業を行う。

  • ① 会報の発行
  • ② 講演会及び親睦のための事業
  • ③ 学校法人同志社寄附行為による法人評議員を選出する
  • ④ 同志社の発達を助けるに必要な事業
  • ⑤ 同志社で学ぶ学生、生徒、児童の支援を行う
  • ⑥ 学生の卒業後の社会人活動を支援する
  • ⑦ 全国支部長会を開催し、支部活動を支援する
  • ⑧ 前各号のほか、その他必要な事項


第5条 本会は、重要な事項に関し同志社に建議する。

第6条 法人評議員は理事会において選出する。

第7条 本会は必要に応じ、国内の各都道府県に原則として1つの支部を置くことができる。国外においても理事会で必要と認めた都市に支部を置くことができるものとする。
なお、支部に関する取り決めは別途「支部規程」に定める。

第2章 会員

第8条 会員を、通常会員と名誉会員とに分ける。
2.通常会員は、下記のいずれかの資格を備えるものに限る。

  • ① 同志社の経営する、同志社大学、同志社中学校・高等学校、同志社香里中学校・高等学校、同志社国際中学校・高等学校、同志社小学校、同志社国際学院初等部・国際部(以下「同志社各学校」という。)を卒業した者又は別科を終了した者。
  • ② 同志社各学校に在学した者
  • ③ 同志社の役員又は社員として10年以上在任又は在職した者
  • ④ 同志社又は本会に特別の関係ある者
  • ⑤ 施行日現在、既に会員としての資格を有する者

3.前項第2号から第4号に該当する者については、支部又は会員10名以上の推薦により理事会の決議による承認を経なければならない。
4.同志社総長、理事長、校友会会長であった者は名誉会員とする。
5.同志社又は本会に功労のあった者で理事会において理事全員の3分の2以上の同意を得た者は名誉会員とすることができる。

第9条 通常会員は入会金として10,000円並びに、年会費5,000円又は終身会費50,000円を納めなければならない。なお、新卒業生並びに卒業後1ケ年以内の卒業生に限り、終身会費を30,000円とする。
2.卒業年度にある大学の学部学生は、入会金10,000円及び終身会費30,000円を納めるものとする。
3.同志社各学校の中学校又は高等学校に在学する生徒で、高等学校又は大学に進学しない者は入会金並びに年会費又は終身会費を納めるものとする。同志社小学校、同志社国際学院初等部・国際部に在学する児童又は生徒は入会金及び年会費の納付義務はない。
4.名誉会員は入会金及び会費を必要としない。

第3章 会員大懇親会

第10条 会員の大懇親会を毎年1回開催する。

第4章 役員および役員会

第11条 本会に次の役員を置く。
会 長 1名
副会長 5名
理事 40名 (ただし、理事でない会員から会長、又は副会長が選出された場合には、その人数を増加させるものとする。)
監事 3名(内常任監事1名を含む)
評議員 300名以内

第12条 評議員は次の者に委嘱する。なお、各評議員は評議員会を構成し、定められた事項について決議する。

  • ① 国内各支部長。なお、支部長は各支部の会員を代表する。
  • ② 同志社総長、理事長、同志社各学校の学長及び学部長並びに校長、法人事務部長。
  • ③ 会員200名以上を有する支部において第9条の義務を履行する者200名毎に1名の割合にて各支部で選出された者。ただし、選出のなかった支部からも1名を選出する。
  • この場合の会員とは、本部において終身会費又は直前3年間連続して年会費を納めている会員をいう。

2. 前項各号の該当者に欠員又は変更が生じた場合には、遅滞なく変更後の者と交代する。

第13条 理事40名の選出は次のとおりとする。

  • ① 理事のうち16名は、各支部所属会員の人数割合に応じて支部に割り当て、支部において会員の中から選出する。この場合の会員とは、本部において終身会費又は直前3年間連続して年会費を納めている会員をいい、改選年の2月末における本部名簿に従って決定する。なお、割り当てに関する計算方法は理事会が別途定める。
  • ② 理事会が定める各地域ブロックから11名を選出する。
  • 選出は各地域ブロックにおいて決定し、選出期限までに選出できない場合には、理事会において当該ブロックより選出する。
  • ③ 大学が認知している卒業生団体のうち「同志社大学商学部樹徳会」「同志社大学経済学部同経会」「同志社大学理工学部同窓会」「同志社大学政法会」「同志社スポーツユニオン」からそれぞれ1名ずつを選出する。なお、この選出は前第1号及び第2号の選出前とする。
  • ④ 会長の指名により、会長の選出後初回の理事会で会員から2名を選出する。
  • ⑤ 改選前理事会にて改選前理事から6名を選出する。なお、この選出は改選年の2月に行う。

2.理事に欠員又は変更が生じた場合には、前項各号の選出方法に従って遅滞なく後任者を選出するものとする。
3.理事の選出結果に関しては、全評議員に報告するものとする。

第14条 会長は、改選後最初の理事会において会員の中から選出する。副会長5名のうち3名は会員から会長が選出し、残り2名は理事会で互選する。
2.会長の任期は改選年の4月1日から3年とし、3期までとする。
3.会長及び副会長は、職務上理事とする。

第15条 監事を除く役員の任期は3年とし、改選年の4月から任期満了の年の3月末日までとする。ただし、役員は後任者の決定するまではその職にあるものとする。
2.補欠の役員の任期は前任者の残任期間とする。

第16条 監事は改選前監事会の承認を得た後、定時評議員会で選出する。なお、監事の任期は選出3年後の定時評議員会の終結の時までとする。

第17条 会長は会務を統轄し、理事会及び評議員会の議長となりその決議を執行する。
2.副会長は会長を補佐し、会長に事故があるときはこれを代行する。

第18条 理事会は毎月開催し、重要な協議事項がない場合には書面による持ち回り決議によることが出来るものとする。
2.理事会の職務権限は、次のとおりとする。

  • ① 資産管理に関する事項
  • ② 当該事業年度の事業計画書案及び収支予算書案に関する事項
  • ③ 前事業年度の事業報告書、貸借対照表、財産目録、収支計算書に関する事項
  • ④ 評議員会に附議する事項(ただし、評議員会開催日の2週間前までに、評議員20名以上により評議員会に附議するよう要請があった事項については、評議員会への附議の是非について検討しなければならないものとする)
  • ⑤ 学校法人同志社寄附行為による法人評議員選出に関する事項
  • ⑥ 会則の変更案に関する事項
  • ⑦ 第13条第1項第5号に定める次期理事の選出に関する事項
  • ⑧その他重要な事項

3.専門委員会を設置する。

第19条 評議員会は会員の総意を代表する最高の決議機関とし、定時評議員会は毎年6月に開催するものとする。なお、理事会において必要と認めたとき、又は10以上の支部の請求があったときは臨時評議員会を開催することが出来る。
2.評議員会は会長が招集する。評議員会の目的、期日及び場所は、期日から3週間前に、本会々報又は適当な方法によりこれを評議員に通知する。
3.評議員会の職務権限は次のとおりとする。

  • ① 当該事業年度の事業計画書及び収支予算書の承認に関する事項
  • ② 前事業年度の事業報告書、貸借対照表、財産目録、収支計算書の承認に関する事項
  • ③ 監事の選出に関する事項
  • ④ 会則の変更案に関する事項
  • ⑤ その他理事会より附議された事項


第20条 副会長及び理事2名で「運営委員会」を設置する。なお、「運営委員会」は本会運営に関する会長直轄の協議機関とし、理事2名は理事会で選出する。

第21条 監事は定時評議員会で選出し、監事の互選により常任監事一名を選出し、監事全員で「監事会」を構成する。
2.監事は財務書類を監査し、理事会及び評議員会に監査報告を行う。又、理事会に出席して意見を述べることができる。

第22条 理事会、評議員会は過半数の出席により成立し、その決議は出席者の過半数(書面による賛否を含む)をもって決する。ただし、会則の変更に関する理事会及び評議員会の決議は総数の3分の2以上(書面による賛否を含む)をもって決するものとする。

第23条 本会の経費は、本会の入会金、年会費、終身会費及びその他の諸収入をもってこれに充てる。

第24条 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月末日に終わる。

附 則

1.第9条に定める年会費又は終身会費には、毎月発行する会報同志社タイムスの購読料を含むものとする。この会則は第3種郵便物認可の日(1959年(昭和34年)8月24日)から施行する。

附 則

1.この会則は、2013年7月1日(平成25年7月1日)から施行する。
ただし、施行前に選任された役員は、任期満了までその職にあるものとする。
2.この会則の第11条、第12条及び第13条の規定は、2018年度(平成30年度)をめどに見直しを検討するものとする。

附 則
1.この会則は、2014年6月22日(平成26年6月22日)から施行する。

同志社校友会会則施行細則

改正 1963年4月1日 2013年6月15日
   2014年4月3日

第1章 支部規定

第1条 支部は地域の会員相互の親睦を深め、本会と共に「同志社各学校」の発展に寄与することを目的とする。

第2条 新たに支部を設置しようとするときは、あらかじめ理事会の承認を得なければならない。

第3条 支部は、所在地方名により、原則として「同志社校友会某支部」、「同志社某校友会」等と称する。

第4条 支部において支部長1名を選任し、支部長は支部の会員を代表するものとする。

第5条 支部の規則は支部においてこれを定める。ただし、本会会則の趣旨に反する規則を設けることはできない。

第6条 支部は支部長、本会との連絡者及びその連絡先を本部事務局へ届けるものとする。支部名簿については支部活動を活発にする目的で、本部名簿記録との照合を行う。その場合には、個人情報保護を最優先させた所定の手続に従って行うものとする。

第7条 支部は、次の事項の生じたときは、直ちに本部事務局へ届ける。
1 支部長の交代
2 支部事務局及び連絡者の変更
3 支部の解散

第2章 事務規定

第8条 役員は総て無報酬とする。
ただし、常勤する理事に関してはこの限りではない。

第9条 本会の事務等を遂行するために本部に常勤の職員を置く。ただし、その人数は必要最低限とし、採用及び給与は理事会の承認を得るものとする。

第10条 本細則を変更するときは、理事会の決議を経なければならない。

附 則
この細則は2013年7月1日(平成25年7月1日)から施行する。

附 則
この細則は2014年4月4日(平成26年4月4日)から施行する。