top1.giftop2.gif

menu1_1.pngmenu1_1.pngmenu2_1.pngmenu2_1.pngmenu3_1.pngmenu3_1.pngmenu4_1.pngmenu4_1.pngmenu5_1.pngmenu5_1.pngmenu6_1.pngmenu6_1.png

billboard04.png

HOME > 会員情報 > 校友会とは

同志社校友会って何?

同志社校友会会則「第2章 会員 第8条」に次のように書かれています。

同志社の経営する、同志社大学、同志社中学校・高等学校、同志社香里中学校・高等学校、同志社国際中学校・高等学校、同志社小学校、同志社国際学院初等部・国際部(以下「同志社各学校」という。)を卒業した者又は別科を終了した者。
施行日現在、既に会員としての資格を有する者



つまり「同志社」の卒業生※は同志社校友会会員なのです。
(※旧予科旧制中学4年終了者も含む。但し女子部は除く。女子部卒業生団体は「同志社同窓会」)


kousei.jpg


同志社校友会は会則第4条 により以下の事業を行います。
① 会報の発行
② 講演会及び親睦のための事業
③ 学校法人同志社寄附行為に依る法人評議員を選出する
④ 同志社の発達を助けるに必要なる事業
⑤ 同志社で学ぶ学生、生徒、児童の支援を行う
⑥ 学生の卒業後の社会人活動を支援する
⑦ 全国支部長会を開催し、支部活動を支援する
⑧ 前各号の外、その他必要な事項

そして、会則第23条により校友会の経費は、会員の皆様の貴重な会費で賄われています。

130年以上の歴史を持つ同志社校友会も校友33万を超え、諸先輩方が培われた伝統を重んじながら今日まで発展して参りました。これも一重に校友会員様のご理解、ご協力、ご支援の賜です。




univ01.jpg



校友会活動は皆様からお納めいただく会費により運営されています

校友会員の皆様がお納めいただいた会費は、「同志社タイムス」の発行、新島襄先生生誕記念会、校友会総会、リユニオンをはじめとした校友懇親の為の集会の開催、校友会員情報の管理維持、校友会情報の発信や全国の校友会支部との情報交換といった活動の他、同志社を巣立ち新たに校友会員になられる卒業生への記念品や折々の記念事業資金として活かされております。また、校友会創立100周年には新島会館を、新島先生生誕150年には新島会館別館を建設し、新島旧邸一郭を同志社精神の交流の場とすることで全国の校友の皆様から活用されております。今後は校友会(OB・OG)、同志社(学校)、現役学生、との交流を活性化させ、校友会の発展、しいては同志社全体の発達につながる校友会活動が求められており、未来に向けた校友会運営の為の大切な資金となっております。


お手元に同志社の情報が届きます。「同志社タイムス」

同志社校友会会費をご納入頂きました校友会員様には8月を除く各月、年11回にわたり校友会機関紙、「同志社タイムス」をお届けします。校友との懐かしい再会や、同志社の近況、各種会合情報など、校友会の会員であれば目を通したくなるような記事が満載です。是非、ご愛読ください。「同志社タイムス」はデジタル版もございます。「同志社タイムスデジタル版」でのご購読をご希望の方はこちらをご参照ください。

このように校友会の運営・発展、同志社発達のためには校友会員様お一人お一人のご理解とご協力なしでは到底成し得ません。校友会費未納入の会員様におかれましては、是非この機会に校友会費をご納入頂き、校友会会員として校友会活動に積極的にご参加いただきますようお願い申し上げます。


同志社校友会会費納入のご案内

・年会費(4月~翌年3月)5,000円
・終身会費50,000円(新卒の方に限り年度内は終身会費30,000円)
 どちらかをお選びいただけます。


ご納入方法

2つの方法からお選びいただけます。

「払込用紙」でのお振込
  所定の払込用紙(振込手数料不要)をご用意いたしております。
  同志社校友会までご連絡下さい。振込用紙をご送付させていただきます。


「同志社校友会カード」の決済口座から自動引き落とし
 「同志社校友会カード」にご入会いただければ、校友年会費は毎年ご指定の口座から自動引き落としとなり、
  払込の手間が省けて便利です。

  同志社校友会カードについてはこちら